熊本の皆さまの警察署での逮捕・刑事相談所

警察に家族が逮捕、警察での面会、(面会)接見禁止、逮捕段階の警察署での指導、助言、逮捕段階の示談交渉、警察署からの釈放、不起訴
熊本で次の様な、警察で逮捕されたことについての悩みをお持ちの方はご相談下さい

①家族が警察に逮捕された。どうして逮捕されたのかわからない。
②いつまで警察署内で逮捕された状態が続くのか。
③警察署に面会に行きたいが、(面会)接見禁止になっている。どうすれば警察にいる本人と連絡がとれるのか。手紙は出せるのか。逮捕された状態で警察署でお金の差し入れは出来るのか。
④警察に逮捕された夫に伝言を頼みたい。警察の中での状況についても教えてもらいたい。
⑤警察に逮捕されたので会社を首になるのではないか。どういう手だてがあるのか。
⑥警察署での取調べに、夫は事実を認めているのか。認めていないのか。認めていないのであれば、どうして警察に逮捕されたのか。
⑦警察に逮捕されている段階で被害者と示談出来るのか。示談をしたら警察署から釈放してもらえるのか。警察での逮捕段階での示談金はどれ位支払えば良いのか。
⑧起訴されるのか、不起訴で警察署から釈放されるのか。それとも罰金で済むのか。罰金の金額はいくらくらいか。罰金をすぐに納められないときは、どうなるか?
⑨不起訴で釈放されれば、前科はつくのか。
⑩起訴されて裁判になれば、警察署での身柄拘束はいつまで続くのか。会社からは解雇されるのか?
⑪裁判になれば、裁判で執行猶予がつくのか。
⑫保釈は可能か。逮捕の段階で保釈は出来るのか?保釈金はどれくらいか。

<b>警察</b>署での<b>逮捕</b>についての対応

1警察署での面会
[弁護士の警察署での面会と家族等の警察署での面会との違い]
(家族等) (弁護士)
①逮捕から72時間は警察署での家族の面会不可 逮捕から72時間でも警察署での弁護士の面会可
②接見禁止の場合は警察署での面会不可 接見禁止の場合も警察署での面会可
③警察署での面会は平日のみ 警察署での面会は土曜、日曜、祭日も可
④警察署での面会の時間制限あり 警察署での面会の時間制限なし
⑤警察署での面会に警察官の立会いあり 警察署での面会に警察官の立会いなし
[ 弁護士の警察署での面会の意義]
①警察に逮捕された本人のみでなく家族の不安の解消
②警察署での身柄拘束の期間の制限についての説明
③警察署で事実と異なることを認めないようにアドバイス
[警察に逮捕された状態での家族への連絡、報告]
① 警察署で取調べ中の本人の様子を家族へ。
②家族から警察署内の本人へ。
③警察署内の本人から勤務先への連絡
④勤務先から警察署内の本人への伝言
[逮捕段階での示談交渉]
①逮捕段階での被害者との示談により告訴取下げ。
② 強姦罪、強制わいせつなどは告訴取下げにより警察署から釈放。
③逮捕段階での示談の成立により不起訴。警察署から身柄を釈放。
④逮捕段階で示談の成立により不起訴にならなくても罰金で釈放。
[弁護士による逮捕段階での示談交渉]
① 逮捕段階での被害者との示談交渉は、本人の家族も連絡先等の把握や連絡困難。
②被害者感情により、弁護士が入らないと逮捕段階での示談の成立も困難。
[不起訴の意義]
① 起訴されなければ、裁判にならず前科にはならない。
② 不起訴と同時に警察署から身柄釈放。
熊本の警察による逮捕・刑事問題について法律のプロである弁護士がこれまでの経験と実績にもとづき、依頼者の方が安心して解決が出来るように、当法律事務所は全力を尽くします。